ママの知恵袋

子どもが離乳食を食べない!月齢別解決法

 

赤ちゃんを育てているお母さんが抱える悩みのひとつ「離乳食」

 

離乳食が思うように進まずに困っている方も多いのではないでしょうか。

 

わたしも、2人の子どもがどちらも少食で、離乳食期から悩んでいました。

 

でも、環境や味付けを変えることで離乳食を食べてくれるようになることがありますよ。

 
おすすめの工夫を、月齢別にして紹介します。

 

 

 

1.離乳食初期(5~6か月頃)

 

 

1-1 大人の食事風景を見せる

 

大人の食事は、赤ちゃんが寝ている間にサッと済ますお母さんが多いかもしれません。

 

でも、大人がご飯を食べている姿を見ることは、実はとても大切なことです。

 

食事を摂っている姿を見ることで食に興味を持ち、自分も食べてみたいという気持ちが芽生えますよ。

 

毎食ではなくても、ダイニングテーブルの近くに赤ちゃんを連れてきて、大人が食事をしている風景を見せてあげてください。

 

 

1-2 時間帯を変えてみる

 

1回食のときは午前10時頃に離乳食をあげることが多いですが、ちょうど午前のお昼寝と重なる子も多いはず。

 

眠たかったり寝起きだったりすると、大人でも食事を摂りづらいですよね。

 

子どもの生活リズムに合わせて、離乳食の時間が多少前後しても大丈夫です

 

ただ、初めてあげる食材の場合はアレルギー反応が出る恐れがありますので、病院が開いている時間にしてください

 

 

1-3 スプーンの素材を変えてみる

 

スプーンを口に入れること自体を嫌がる場合は、スプーンの食感が気に入らないのかもしれません。

 

離乳食用のスプーンにはシリコン製プラスチック製木製など様々な素材で作られたものがあります。

 

違った素材のスプーンにすると、食べてくれるようになるかもしれません。

 

 

 

2.離乳食中期(7~8か月頃)

 

 

2-1 食事環境を見直す

 

離乳食中期になると、遊び食べも始まります。

 

食事中、テレビが付いていたり、目の届く場所におもちゃが置いてあったりしませんか?

色んなものに興味を持ちはじめる時期だからこそ、食事に集中できるような環境づくりをしてください。

 

 

2-2 新しい食材を取り入れる

 

どんどん新しい食材に挑戦できる離乳食中期。

 

食べないからとステップアップをためらうのではなく、思い切って新しい食材に挑戦してみてはいかがでしょうか

 

また、「昨日よく食べたから」と毎日同じ食材を与え続けると、子どもも飽きてしまいます

 

例え食べなかったとしても、色々な食材を知っていくことが大切な時期です。

 

 

 

3.離乳食後期(9~11か月頃)

 

 

3-1 食感や味付けを工夫する

 

離乳食後期になると歯も生えるため「カミカミ・モグモグ」が上手になってきます。

 

一口分を自分でかじり取る料理や、少し噛まないと飲み込めないような料理が気に入るかもしれません。

 

また、しょうゆ砂糖味噌などの基本的な調味料も少しずつ使うようにしましょう。

 

味に変化が出ると、今まで食べなかった食材も食べるようになることがありますよ。

 

 

3-2 食器を変えてみる

 

「前までよく食べていたのに、急に食べなくなった…」という場合は、食器を変えるとまた食べるようになるかもしれません

 

いろんなおかずを並べることができるワンプレート皿や、底に好きなキャラクターが描かれているお皿など、子ども心をくすぐる食器も多く販売されています。

 

 

3-3 家族全員で食事をする

 

2回食の間は10時と14時など、大人の食事とは別の時間にあげていた人も多いのではないでしょうか。

 

3回食になると家族全員で食事ができるようになります。

 

一緒に食卓を囲み会話をしながらする食事は、子どもにとっても楽しいもの

 

上手に食べられることを褒めながら、気付けば完食!ということもあるかもしれません。

 

 

 

おわりに

 

 

以上、子どもが離乳食を食べないときの月齢別解決法を紹介しました。

 

つい育児本や周りの子どもと比べて焦ってしまいますが、

 

みんないつかは食べるようになります^^

 

1か月前や3か月前の子どもと比べて、少しでも食べる量が増えていれば大丈夫。

 

おおらかな気持ちで離乳食作りに取り組んで下さいね。

 

 


この記事を書いた人

chi93


2人の子どもを育てているchi93です。 音楽と紅茶と甘いものが大好き! 子育てに悩みはつきものですが、少しでも心が軽くなるような情報をお伝えします。

ページ
TOP