ママの知恵袋

女性の自己像は、コレで決まる!

一般社団法人アジア女性自立支援協会 子育てコミュニティリーダーの鈴木ユウコです。

 

 

普通の多くの女性たちが

 

自分の人生を変えることに成功した魔法があるのですが、

 

それが何か知っていますか?

 

 

 

 

最近、誰かに「頑張ってるね」とか、

 

「きれいですね」とか、褒められていますか?

 

 

 

もし記憶がないのだとしたら、

 

是非、自分で自分のことを褒めてあげてくださいね☆

 

 

 

自分の頑張りについて一番知っているのは、自分自身です。

 

 

 

 

 

もうわかりましたよね?

 

 

 

 

その「魔法」とは

 

自分自身へ、『愛の言葉を語りかける』こと。

 

 

 

 

 

脳の仕組みから言っても、誉め言葉はとっても大切!

 

 

 

脳って、褒められると快楽ホルモンを分泌するんです。

 

 

 

 

面白いことに、

 

脳は自分と他者の区別がつかないので、

 

主語は関係なく快楽ホルモンを分泌します。

 

 

 

 

 

誰しも、努力を無視されたり、褒められない状態が続くと

 

「どうせ自分なんて・・・」という思いが膨らんで、

 

セルフイメージがどんどんレベルダウンしてしまいます。

 

 

 

 

 

だから、誉め言葉は沢山使いましょう♪

 

 

 

子育てしながら、

 

自分も子供もどんどん素敵に明るく賢く魅力的になっていくから、

 

一石二鳥ですね♡

 

 

 

 

 

 

そして、もうひとつここで重要なことは

 

女性のセルフイメージを決めるのは『容姿』だという事です。

 

 

 

 

ようするに、

 

自分のことを「キレイ」と思えるかどうかが決めて

 

だということ。

 

 

 

 

余談ですが、ちなみに男性の場合は「能力」がセルフイメージの根幹です。

 

 

 

誤解して欲しくないのですが、

決して「顔」で決まると言っているのではありません。

 

 

 

一般的に言われる、美人に生まれればよかったのかという事じゃないんですね。

 

 

 

 

実際に美人であるかどうかは関係なくって、

 

セルフイメージというくらいですから

 

自分で「わたしは綺麗♪」と思えれば、それでイイ♡ってことなんです。

 

 

 

 

先ほど少しだけ触れた

 

脳は他人と自分の区別がないっていうことに関して、

 

ちょっとお話しますと・・・

 

 

 

 

 

 

私たちの脳は、大きく二つに分けられます。

 

 

自律神経系を中心とした「古い脳」と、大脳新皮質という「新しい脳」

 

 

 

「古い脳」の方は、生命に関わる部分をつかさどっていて

 

「新しい脳」の方は、動物の中でも特に人間だけが特に発達している脳で

 

思考や感情をつかさどっているのですが

 

 

 

 

 

この生命のコントロールタワーとでもいうべき古い脳は、

 

「区別」することが出来ないんです。

 

 

 

 

その上、自分の発する言葉には敏感に反応してしまいます。

 

 

 

だから、「古い脳」が自分の言葉を鵜呑みにして

 

快感ホルモンを分泌するするように

 

「誉め言葉」を口癖にしちゃいましょう♪

 

 

 

 

 

もしも、鏡を見るたびに「今日もキレイね!」というのが慣れなくて

 

気持ち悪くて、ザワザワする・・・というのであれば

 

野に咲く花や、写真集や、テレビに映る景色に対して語り掛けてもいいんですからね。

 

 

 

 

簡単に出来る、でもとっても大きな効果のある魔法です☆

 

 

 

是非、試してみてくださいね♪

 

 

 


この記事を書いた人

鈴木ユウコ


長崎県出身、大田区在住。 夫、息子ふたり(高2&小6)の中で姫として君臨中(笑) お笑いと韓流が好き! 韓ドラをこよなく愛し、ドラマの中には王子がたくさん(⋈◍>◡<◍)。✧♡ いくつになっても、乙女心を忘れません♪ 好奇心旺盛で「調和」や「成長」というワードにいたく心を奪われるアラフィフです。

ページ
TOP