ママの知恵袋

受け入れるには、まず「あるがまま」に見る練習を

一般社団法人アジア女性自立支援協会 子育てコミュニティリーダーの鈴木ユウコです。

 

 

虫の知らせとか、第六感とか

 

人には「直感」というような能力が備わっています。

 

 

 

鋭さには、

 

人それぞれの感性によって違いがあると思うのですが

 

感じている人は多いのではないでしょうか?

 

 

 

私も例外でなく、自分の直感にはかなり自信があります。

 

 

そのお陰で良かったこと助かったことが多いのですが

 

逆に過信しすぎて失敗したこともあります。

 

 

 

 

 

大事なのは、

 

決めつけないことだったり、

 

バイアスをかけて見たり、

途中で判断したりしないということに

 

気を付けることです。

 

 

 

 

 

物事の最初の方で感じる直感で判断せずに

あるがままを最後まで一旦受け入れてから判断する。

 

 

 

 

 

簡単な例を挙げるとすると

 

洋服を買うときに、試着しないで買わない方がいいよ!という事です。

 

 

 

 

これ好き!着たい!と思っても

 

実際に来てみないと、

 

似合う似合わないはわからないし

 

サイズ的にも適切かどうかわかりません。

 

 

 

 

 

試着したからと言って、

 

必ず買わなくちゃいけないわけでもありませんし

 

むしろ、ちゃんと断る理由がわかりますよね。

 

 

 

 

 

試着しないまま、

 

サイズが合わないだろう、

 

色が似合わないと思うって言ったって

 

 

そんなのどうしてわかるの?って。

 

 

 

本当は、すっごく似合うものかもしれないのに。

 

 

 

 

 

食わず嫌いも、ある意味、似ていますね。

 

 

 

 

自分の直感を信じるのが悪いわけではありません。

 

 

 

経験に基づいて判断するのもいけないわけではありません。

 

 

 

 

ただ、

 

信じすぎること、過信するのを気を付けたいっていうこと。

 

 

 

 

 

判断力って、その時の状態にも左右されるもの。

 

 

 

だから、

 

いつも「ありのまま」を受け入れてから判断するように

 

ちょっとだけ注意してみると、

 

 

これまでと違った体験が出来るかもしれませんよ!

 

 

 

 

 


この記事を書いた人

鈴木ユウコ


長崎県出身、大田区在住。 夫、息子ふたり(高2&小6)の中で姫として君臨中(笑) お笑いと韓流が好き! 韓ドラをこよなく愛し、ドラマの中には王子がたくさん(⋈◍>◡<◍)。✧♡ いくつになっても、乙女心を忘れません♪ 好奇心旺盛で「調和」や「成長」というワードにいたく心を奪われるアラフィフです。

ページ
TOP