ママの知恵袋

世界は思ってた以上に優しい♡

一般社団法人アジア女性自立支援協会 子育てコミュニティリーダーの鈴木ユウコです。

 

 

子どもとのお出かけ。

 

 

考えると、ウキウキしますか?

 

 

それとも、くら~い気持ちになっちゃいますか?

 

 

 

子ども

 

 

私のはじめての子どもとのお出かけは、18年前。

 

出産後の里帰りでした!

 

 

 

時は、年末。

 

夫は、冬休みに入り次第追いかけてくるということで

 

私と息子だけ、先に帰省。

 

 

 

 

電車で空港に行って、

 

飛行機に搭乗して

 

地元の空港には両親に迎えに来てもらうという段取り。

 

 

 

 

数日暮らすために必要なものは、

 

宅急便で送りはするものの

 

移動の為に、それなりの準備は必要です。

 

 

 

 

まだ、生後二か月くらいだったのでベビーカーではなく

 

当時、流行り始めたスリングと

 

マザーズバッグにパンパンに詰め込んで、頑張りました!!

 

 

 

 

 

離陸に合わせて授乳できるように調整したり

 

飛行機の機内では

 

周囲の方に、

 

あらかじめご迷惑をお掛けするかもしれない旨をお詫びしたりして。

 

 

 

 

でも、道中は皆さんとても暖かくて、

 

何の心配もなく里帰りを終えました。

 

 

 

 

子連れのお出かけって、

 

 

荷物が半端なくかさばるし

 

 

予定時間を通常より2倍いや、3倍くらい設定しなくちゃだし

 

 

電車の乗り換えなんかの導線(エレベータ有とか)も、

 

 

しっかり事前調査しないとだし

 

 

(´;ω;`)

 

 

 

確かに、今までのお出かけとは大きく異なることばかり。

 

 

 

 

 

だけど・・・

 

 

 

電車で席を譲ってくれる高校生や

 

階段でベビーカーを運んでくれる会社員や

 

子どもをあやすのに声をかけてくださるご婦人や

 

 

 

いろんな場面で、見ず知らずの方に

 

それはそれは良くしていただきました(*^▽^*)

 

とってもありがたかったし、助かりました♪

 

 

 

 

 

 

世界は、思っている以上に優しい♡

 

 

 

子どもたちが大きくなった今、

 

今度は私が、自然と同じことをしています!

 

 

 

 

実際、手を貸すのに、時間も労力もほとんどかからない。

 

 

でも、私自身がそうだったように、受けた方は心に残るんです♡

 

 

 

 

そうすると、自然と恩送りが起きる。

 

 

 

そうやって、優しい気持ちがこの世界に満ちてくると思うんです。

 

 

 

 

是非、子連れでお出かけにチャレンジしてみてくださいね♪

 

 

 

 

 


この記事を書いた人

鈴木ユウコ


長崎県出身、大田区在住。 夫、息子ふたり(高2&小6)の中で姫として君臨中(笑) お笑いと韓流が好き! 韓ドラをこよなく愛し、ドラマの中には王子がたくさん(⋈◍>◡<◍)。✧♡ いくつになっても、乙女心を忘れません♪ 好奇心旺盛で「調和」や「成長」というワードにいたく心を奪われるアラフィフです。

ページ
TOP