ママの知恵袋

ママがキレイを失ってしまうと、子どももキレイがわからなくなるから

一般社団法人アジア女性自立支援協会 子育てコミュニティリーダーの鈴木ユウコです。

 

 

ママになると、なんとなく自分のことって後回しになってません?

 

 

わたしの場合は、

 

そもそもメイクやファッションに興味があるという方ではなく

 

身だしなみ程度に整えてればいいという考え方だったので

 

必然的に、そうなっていました。

 

 

 

 

 

でもね、

 

「美魔女」っていう言葉が流行ったころから

 

とっても若々しくて美しくチャーミングなママが増えましたよね~~~(*^▽^*)

 

 

 

 

ママがキレイだと、子どもは嬉しいそうです♡

 

 

 

 

子どもをないがしろにした、自分勝手なキレイはいただけませんが

 

 

「手間をかける」

 

 

という事が、愛情を注ぐという事であれば

 

自分に対しても、心の豊かさを育てる行為は必要です。

 

 

 

 

キレイは、きっと、

 

見た目ではなくて、心のありようから生まれるから。

 

 

 

だから、ママが心を貧しくしては、

 

子どものキレイが育てられない。

 

 

 

 

ママとキレイは、両立するものだし

 

ママの正しいキレイは、子どもに循環するからね。

 

 

 

 

 

まずは、

 

 

唇で思いを伝え

 

目に愛情をこめて

 

頬を緩めて笑顔になりましょう♡

 

 

 

 


この記事を書いた人

鈴木ユウコ


長崎県出身、大田区在住。 夫、息子ふたり(高2&小6)の中で姫として君臨中(笑) お笑いと韓流が好き! 韓ドラをこよなく愛し、ドラマの中には王子がたくさん(⋈◍>◡<◍)。✧♡ いくつになっても、乙女心を忘れません♪ 好奇心旺盛で「調和」や「成長」というワードにいたく心を奪われるアラフィフです。

ページ
TOP