ママの知恵袋

インフルエンザにならない為に、日常生活から予防しよう!

こんにちは。アニメ大好き3児のママの折原優香です。

 

最近急激に寒くなり、朝晩の寒暖差も激しくなってきましたね。

この頃になると始まるのが「インフルエンザの予防接種」ですね。

 

毎年受けていますか?

自己負担なので受けない方や、私はならないと自信を持っている方もいるみたいですね。

 

特に、ママは罹ってしまっても家事や育児はお休みに出来ません。

辛い体調の中お世話できますか?

なってしまってからでは遅いので、接種するならお早目をおススメします。

 

 

日々の生活で感染症を防ぐには、

やはり小さい時に教わったアレがポイントです。

 

 

 

1.手を洗いましょう!

 

普段からしっかりと手を洗えていますか?

忙しくて、ついつい手洗いをおろそかにしていませんか?

手をしっかり洗って、手についたウイルスや細菌を減らしましょう。

 

特にしっかり洗うタイミングは、

 

  1. 家に帰ってきた時
  2. 調理や食事の前
  3. トイレのあと
  4. 咳やくしゃみをした後

 

等です。

 

 

 

洗い方は、

まず時計や指輪などをはずしてから手を洗います。

 

  1. 1.流水でよく手を濡らし、石鹸をよく泡立てます。
  2. 2.手のひらや手の甲など大きなところから洗います。
  3. 3.次に、指先や爪の間、指と指の間もしっかり洗います。
  4. 4.親指は手のひらで握ってねじり洗いします。
  5. 5.手首も忘れずに洗いましょう。

 

洗ったら、流水でよく洗い流してください。

そして、清潔なタオルやペーパータオルで水気をよく取り、乾燥させて下さい。

 

 

 

2.うがいをしましょう!

 

うがいも大切な予防策です。

口の中のウイルスや細菌を洗い流して、数を減らしましょう。

 

洗い方は、

 

  1. 1.水を口の中に含み、「クチュクチュ」してはきだし、口の中のウイルスや細菌を洗い流します。
  2. 2.次に、今度は上を向いて、のどの奥の方を洗う感じで「ガラガラ」してはきだします。
  3. 3.繰り返し1と2を何回かするとより効果的だと言われています。

 

 

 

3.インフルエンザの特徴を理解しよう!

 

インフルエンザのウイルスの型はA型、B型などがあり、乾燥した環境を好みます。

咳やくしゃみなどの飛沫を吸い込むことで感染します。

主な症状は、高熱、咳、筋肉痛、関節痛などで、

心肺に疾患がある方や高齢者は重症化することがあります。

予防接種をすることで、ウイルスの感染力を弱めることが出来ます。

マスク着用も予防策の一つです。

これは以前保健師さんのプチ講座で教えてもらったことです。

 

 

ママやお子さんだけではなく、家族や周りの人にも影響を及ぼすインフルエンザ。

しっかり予防して元気に乗り切りましょう。

 

 


この記事を書いた人

折原優香


栃木県出身。男の子3人育てています。思春期やイヤイヤ期で毎日笑いあり涙ありで大変ですが、日々の成長を楽しく見ています。

ページ
TOP