ママの知恵袋

「油」って、気をつけなきゃいけない食材なの?

食用油は何を使っても同じだ、と思っていませんか?最近の研究で、サラダ油、キャノーラ油が脳に与える影響の深刻さが注目され、認知症の原因の一つではないかと囁かれています。

 

 

こんにちは!

お母さん応援隊の川口えりです。

 

今日の「家族の健康・食」のテーマは、

毎日のお料理、食事に欠くことのできない

食用油についてです。

 

「あぶら」には、

「油(oil)」と「脂(fat)」がありますが、

栄養学の立場からも、

両者は、共に私たちの身体、

特に脳に与える影響が大きい、と言われています。

 

 

最近の健康ブームの中でも大変注目され、

無視できない存在となってきました。

 

 

今日は特に「oil)」の方をテーマにしていきたいと思います。

 

 

  「油」なんて、何を使っても同じだ。」

 

なんて思っていませんか?

 

 

それはとても危険 😈 です。

 

 

「油」についての知識を得ることは、

子供やご家族、自身の身を守ることと同じです。

 

 

細かいことを書きだすときりがないので、

今日はまず、

大きく次の二つを覚えましょう。

 

 

  1. 1.サラダ油、キャノーラ油は危険!?
  2.    ~「認知症の原因!?」~
  3. 2.おススメは、米油、えごま油、アマニ油

 

 

 

  1. 1.サラダ油、キャノーラ油は危険!?

 

  1. 「サラダ油」「キャノーラ油」。

ネーミングがヘルシーで、

是非摂りたい「油」に一見、感じますよね。

 

 

その上、スーパーなどに行けば、

「本日の特売品」として、つい、買いたくなるような、

安価な価格で店頭に並んでいます。

 

 

私も広告チェックして、

よく買いに行ったりしました 😉 。

 

 

でも、そこが落とし穴 😯 。

この安価の裏には、言うことのできない

恐ろしい事実が隠されていたのです。

 

 

それは

サラダ油が脳を殺す」(山崎哲盛/河出書房新社)

という書籍の題名そのまま、

 

毎日摂るその油が、徐々に脳を殺していくというのです !

 

その過程を簡単に説明すると、

 

 

 

サラダ油に含まれる“リノール酸”を加熱

(製造過程で200~250℃の加熱処理)

 

→“ヒドロキシノネナール”という神経毒を発生

 

→蓄積

 

細胞膜を連鎖的に錆びさせ

脳細胞をに至らしめる

 

→やがて認知症を発症し、ついには脳を殺す 😈 

 

 

 

サラダ油が、認知症の原因となる」などと

テレビで放映されたりしたこともありますが、

これは嘘ではないようです。

 

 

  1. 認知症の発症には、20~30年の潜伏期間があるといわれています。

 

 

確かに私も40代にしては、物忘れが激しい 😳 。

心当たりありなんです 😥 😥 。

 

 

この事実を知ったのも、ついこの間の話ですから。

 

今からでも遅くない、油総入れ替えです 😀

 

 

 

  1. 2.オススメは「米油」「えごま油」「アマニ油」

 

 

お勧めの油に関しては、また詳しく取り上げていきたいと思います。

 

 

とにかく今日は、加熱用には「米油」、

ドレッシングのようにそのまま摂取する油としては、

「えごま油」「アマニ油」

 

これを頭に入れておきましょう!

 

 

今からでも、

家族や子供たちを守るために、

 

毎日使う油を考えていきたいものです。

 

(川口えり)

 

あなたも

「一人の女性として自立したい!」

「女性としてキラキラした人生を送りたい!」

 

こういう風に思うのであれば、あなたも女性自立の一員として一緒にキラキラしませんか?

 

下記のLINEでは、ここでは話せなかった内容や限定プレゼントの配布も行なっています。

 

↓↓↓↓

 

 

友だち追加

 

 

パソコンでご覧になっている方は

LINEでID検索

 

@gpf0507z

 

 


この記事を書いた人

川口えり


愛知県在住。小中学生、3児の母。 長女に笑わされ、次女に癒され、末息子のおしゃべりにつき合わされ、毎日楽しく暮らしています。自身が子供の頃からアトピーということもあり、健康に関心を持ち、日常生活や食に対する知識の大切さを実感。趣味はピアノ。子供と勉強すると故郷の福島なまりになってしまう、好奇心旺盛なお母さん。

ページ
TOP